【独自】「SNS発信NG」内部音声入手…脱毛サロン「C3」突然“破産” 「30万円払った」女性客も怒り

【独自】「SNS発信NG」内部音声入手…脱毛サロン「C3」突然“破産” 「30万円払った」女性客も怒り

【独自】「SNS発信NG」内部音声入手…脱毛サロン「C3」突然“破産” 「30万円払った」女性客も怒り








アリシアクリニック

お得な特典付き!

詳細情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


アリシアクリニック






レジーナクリニック

お得な特典付き!

詳細情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


月々4,700円






リゼクリニック

お得な特典付き!

詳細情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


スタンダード月額






エミナルクリニック

お得な特典付き!

詳細情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


HMRクリニック






TCB東京中央美容外科

お得な特典付き!

詳細情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


医療脱毛









8月、脱毛サロンにおよそ28万円を支払ったばかりという20代の女性は、まさかの破産発表にあぜんとしていた。

京都の店舗で契約 20代「8月の後半に京都河原町店で契約したが、9月2日に(予約)キャンセルの連絡が来た。結局、1回も受けられていない。『永久に通えるプレミアムコース』の友達割引を使ったので、15万円ぐらいオフになっていて、約28万円を一括で口座振り込みで払った」

東京・銀座や渋谷、新宿など、首都圏を中心に全国に63店舗を展開していた女性専用脱毛サロン「シースリー」。

運営元の「ビューティースリー」が東京地裁に自己破産を申請し、破産手続きを開始していたことがわかった。

東京・江東区にあるビューティースリーの本社。
2階には店舗も入っているが、正面の扉は閉じていて、誰もいない。

負債総額は、およそ80億円。
脱毛サロンの倒産では、過去3番目の規模という大型倒産だ。

追加料金なしの通い放題プランや、豪華な内装の個室完備などを売りに集客していたシースリーの破産。

8月末、京都の店舗で契約したばかりだった20代の女性は、支払った28万円の返金を求めたが…。

京都の店舗で契約 20代「『解約したい』と伝えたが、本社とのやりとりになるというふうに言われて、『返金への希望はあまりない』と言われたという形です」

そして従業員にとっても、破産は寝耳に水の事態だった。

「シースリー」元スタッフ「ありえないなと本当に思いますね。解雇になることを伝えられたのが4日前とかだったので」

首都圏の店舗に勤務していた女性が異変を感じたのは、8月末のことだった。

突然「あすの営業前にリモート会議がある」との連絡が入り、翌朝、全国100人以上の従業員が参加する中で、こう告げられた。

独自に入手した会議の音声「ここ数年のコロナ禍で収益獲得が難しくなって、経営状況が厳しくなっておりました。9月1日から運営母体が変わる運びとなりました」

“4日後から運営が別会社に移る”との発表。

さらに、説明を終えると、動揺するスタッフを前に…。

運営側の説明「今こう突然、たこでいうとひもをプチっと切られた感じで、皆さん不安の中でふわふわと空を舞っているような状態になっているのかなと思いますが、SNS等で“世界発信”だけは本当にやめてくださいね。そこだけは情報の取り扱いにですね、十分ご注意ください」

女性スタッフは、別会社に移らず退職したが、8月分の給料が支払われていないという。

「シースリー」元スタッフ「すごくムカつくんですよね。8月、普通に何も知らずに働いていたので。なんか、人の時間をなんだと思ってるのかな」

破産を発表したシースリー側は、今後の利用者への対応として、施術サービスは別会社に引き継ぐ予定としている。

ところが、高知県の店舗で契約した女性は、怒り心頭。

高知の店舗で契約 20代「1週間くらい前から全然予約が取れなくなって、高知県は(施術サービスの)継続店舗がないので、(代金を)持ち逃げされたみたいな感じ。30万円も払って、生涯保証って言われたのに何の連絡もなく、ちょっと悔しすぎます」

FNNプライムオンライン

脱毛エステカテゴリの最新記事